2014年12月24日

乾燥肌の原因と私が独自に調べた様々な対策方法

冬の悩みの1つに多いのが乾燥肌です。寒くなると空気が乾燥してきて、肌からも水分が失われてカサカサになってきてしまいます。また乾燥肌になることによって、痒みや湿疹が出てしまう人も多いようです。

乾燥肌は肌のバリア機能が正常に機能していなかったり、肌のターンオーバーが乱れることによって起こってしまうのですが、加齢やバランスの悪い食生活、睡眠不足、体質、合わないスキンケア方法などが原因となっているようです。

乾燥肌の場合は、自分の症状をしっかりと理解して対応していく必要があります。体質でなければバランスの良い食事に改善したり、またしっかりとした睡眠を取る、自分の肌に合ったスキンケア方法を知ることによって良くなることも多いのです。

また乾燥肌は保湿を行うことがとても重要ですので、顔の乾燥にはあまり洗浄力が強すぎない洗顔料を使うようにし、ぬるま湯で優しく流してあげます。(参考ブログ:冬の乾燥肌は洗顔を工夫することで対策

そして綺麗になった肌には化粧水でしっかりと保湿して、クリームや乳液で水分が蒸発しないように閉じ込めてあげます。

肌がかさつくからといって、油分の多いクリームばかりたっぷり塗っても効果は低いです。まずは乾燥して水分が少なくなった肌に、化粧水で潤いを与えてあげることが必要なのです。

また身体の乾燥肌の場合は化粧水や乳液などを毎日ケアするのは難しいので、乾燥肌の場合はナイロン製などボディタオルでごしごしこすらないようにし、出来れば手で洗うのがおすすめです。

お風呂上がりにはボディークリームをつけるようにして少しでも乾燥を抑えるようにします。乾燥肌をそのままにしておくと、肌が粉をふいてきたり痒みがでることもあります。
中には痒みと共に、湿疹や蕁麻疹が出てしまう事もあります。冬場になると蕁麻疹が出るという人の中には、乾燥肌が原因となっている人も多いようです。

寝て入る間につい掻いてしまってどんどんひどくなる場合もあるので、冬が近づいてきたら早めに身体の保湿もマメに行うことが大切なのです。



Posted by claudia20 at 02:06

庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

プロフィール
claudia20